娘 巡礼 記

Add: guwym59 - Date: 2020-12-16 18:26:17 - Views: 1522 - Clicks: 5479
/b2e88d1c0089 /254432179 /94fcdc649a7 /3031/85

娘巡礼記 - 高群逸枝 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの. 高群逸枝 娘巡礼記 堀場清子校訂 朝日選書128 1979年1月第1刷: 四国遍路を始めてから、この本を知った。タイトルからしてお涙頂戴的であり、以前であったら本屋でも手に取ることはあるまい。. 娘巡礼記 高群逸枝著 ; 堀場清子校注 (岩波文庫, 青N) 岩波書店,. 巡拝記にみる四国遍路 娘巡礼記 高群逸枝 逸枝が出かけた動機の一つは、母親の観音信仰が考えられる。 逸枝は小学校校長を務めた父・高群勝太と母・登代の長女として生まれた。 しかし、高群夫婦は逸枝の前. Amazonで高群 逸枝, 清子, 堀場の娘巡礼記 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。高群 逸枝, 清子, 堀場作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 今、娘巡礼記を書いた高群さんと同年齢の若い女性が、四国巡礼千百キロの旅に出かけます。 もちろん高群さんと同様、全部歩き通します。 違っているのは、熊本出身と東京出身、そして今の女性は手に三味線を持っていることでしょう。. 娘巡礼記 ~ 高群 逸枝 高野山の修行僧で、全国巡礼の旅をしておられるというほら貝の名手に たまたま国上山で出逢い、ご自分のバイブルだとお勧めいただいた本です。.

【tsutaya オンラインショッピング】平成娘巡礼記/月岡祐紀子 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 高群 逸枝『娘巡礼記』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約28件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 娘巡礼記 フォーマット: 図書 娘 巡礼 記 責任表示: 高群逸枝著 ; 堀場清子校注 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 『娘巡礼記』に関しては、こういうことを書いておかないといけなかったんですな。 九州日日新聞は現在の熊本日日新聞です。 旅先から送った原稿は1918年(大正7年)6月6日から12月16日までの連載となったそうです。. 11) なんと!! 『娘巡礼記』が復刻されました。岩波文庫から、年5月刊行です。さすが岩波!! この情報も、ぼくのHPをご覧の方からメールで教えていただきました。. この「娘巡礼記」自体が、その旅を続けながら新聞へ寄稿され連載されたものだと知ってしまうと、なおその感は強くなる。 若い時代に遍路の人々に触れたことが、彼女の思想、人生にどんな影響を与えたか。. 娘巡礼記 (岩波文庫) 娘 巡礼 記 (文庫) 高群 逸枝 (著), 堀場 清子 購入した次の日に女性学のゼミで著者の高群逸枝が文章に出てきてびっくり 早速読むことに。 逸枝さんは平塚雷鳥さんと一緒に女性運動を行っていた人。女性学の先駆者。.

娘巡礼記 高群逸枝著 (朝日選書, 128) 朝日新聞社, 1979. 月岡祐紀子『平成娘巡礼記 四国八十八カ所歩き遍路』 (文春新書,年) 本体価格 700円, isbn三味線奏者・月岡祐紀子さんが歩き遍路に出たのは、高田瞽女(ごぜ)との出会いがきっかけです。. 『娘巡礼記 (岩波文庫)』(高群逸枝) のみんなのレビュー・感想ページです(10レビュー)。作品紹介・あらすじ:大正7年、24歳の高群逸枝(1894‐1964)は四国へ旅立つ。家を捨て、職を捨て、恋を捨て、ただ再生を目指して。女性の旅行が好奇の目で見られた時代、旅先から書き送られたその手記は. 平成娘巡礼記 四国八十八カ所歩きへんろ 文春新書 - 月岡祐紀子のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 娘 巡礼 記 前山光則 娘 巡礼 記 最近、高群逸枝の『娘巡礼記』を読んで、たいへん面白かった。いや、訂正。この本の中に何気ないかたちで出てきた一語について感ずるところがあった、と言うべきだろうか。 『娘巡礼記』は岩波文庫に入っている本であるが.

娘巡礼記 - 高群逸枝/著 堀場清子/校注 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 1 形態: 270p ; 19cm. 彼女は 「 娘巡礼記 」、「 お遍路 」、「 遍路と人生 」 といった四国遍路にまつわる本を書きましたが、のちに女性史研究家となり、「 母系制の研究 」、「 招婿婚の研究 」 などの著書があります。. 高群 逸枝 著 / 堀場 清子 校訂 isbn:定価:1012円(税込) 発売日:1979年1月10日 娘 巡礼 記 四六判 272ページ 選書128. 娘巡礼記 岩波文庫 - 高群逸枝著のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!. (『娘巡礼記』は、残念ながら絶版になっています。図書館等で読んで下さい。) (. 高群逸枝 (堀場清子校訂)『娘巡礼記』 (朝日選書,1979年) 本体価格 920円 isbn遍路の歴史を論ずるとき、必ずといってよいほど参照される大正7年(1918年)の遍路記録です。.

女性史研究家として有名な著者が大正期、24歳の若さで行った四国遍路の旅行記です。 私の感想は一言、「若い」。 冷淡な眼で見ると、インテリ娘が勝手に巡礼の旅に出て勝手に辛い目に遭って感傷的になっているだけだとも言えるでしょう。. 娘巡礼記 (岩波文庫)/高群 逸枝/堀場 清子(文庫:岩波文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. さて、「娘巡礼記」によると高群逸枝は九州を離れたあと、大分から船に乗り、四国・八幡浜に上陸した。大正7年7月14日のことである。 彼女と伊藤老人が最初に向かったのは、四十三番札所源光山明石寺。. 岩波文庫『娘巡礼記』はその連載記事の復刻版だ。 大正7年(1918)の遍路現場からの貴重な生の声である。 ちなみにこの年は、目下世間を騒がせている新型コロナウイルスとの関連で話題にのぼることの多いスペイン風邪が大流行した年だ。. 一方、<娘巡礼>の足跡 として四国の地図上に八十八箇所を丸付き数字で示したものがあるのだけど、それを見ると、徳島県の北部から香川県にかけて、該当するお寺が多いことがよくわかる。. 雑誌での書評が気になって、 高群逸枝の「娘巡礼記」を買いました。 大正期、作者24歳の時に四国八十八ヶ所霊場を巡礼した際の 紀行文なのですが、ちょこっとかじってみたかんじ、 肩肘張ってなくてなかなか面白そうです。 紀行文では、浮谷東次郎の「がむしゃら1500キロ」なんかも好きな.

鈴木三重子の「むすめ巡礼」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)沖に寄る浪とんとろり空にゃ 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。. 娘巡礼記 フォーマット: 図書 責任表示: 高群逸枝著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 朝日新聞社, 1979. 朝日選書 初版 カバー 帯 カバーヒラや背などヤケ・汚れ、小口少汚れ、カバー縁にわずかなイタミなどがあります / 刊行年 : 1979年 / 出版社 : 朝日新聞社 / ページ数 : 270p / サイズ(判型): 四六判. 「娘巡礼記」では、こうした恋愛関係のもつれについては触れられていないが、旅先の土地の風物であるとか、行く先々で人々との出会いと別れなどが、若い女性らしい語り口のみずみずしい文体で綴られており、今日本書を読んでもまったく古さを感じ. 八十八ケ所巡礼中の苦しみと悟り、社会のどん底に生きる遍路の姿、各地の風物をいきいきと伝える紀行文学の傑作。 娘巡礼記 / 高群 逸枝【著】/堀場 清子【校注】 - 紀伊國屋書店ウェブストア.

娘 巡礼 記

email: [email protected] - phone:(585) 252-2974 x 8589

2020 新曲 -

-> 死 役所 8 巻
-> サンクス ツアー キャスト

娘 巡礼 記 - ラブレター


Sitemap 4

ベニシア 庭 づくり - プラクティック